安全

ノーメイクダブルアイズは危険?安全性や副作用妊娠中でも使えるか調べた

投稿日:

ノーメイクダブルアイズは塗って寝るだけで二重になると話題になっています!ノーメイクダブルアイズは危険なのでしょうか?肌に安全な成分だと安心ですよね。妊娠中でも使えるのか、副作用はないのか、まぶたに使うアイテムなので安全に使えるものでないと心配になりますよね。ノーメイクダブルアイズはSNSでも人気なので気になっている方が多いと思います。今回は、ノーメイクダブルアイズは危険なのか?安全性や副作用妊娠中でも使えるのか調べてみました!

 

ノーメイクダブルアイズとは?

SNSで話題になっているけど、詳しく知らないという方の為に、ノーメイクダブルアイズとはどういったものなのかご紹介します。

ノーメイクダブルアイズは塗って寝るだけで二重になると人気の女子の必須アイテムなんです。

ノーメイクダブルアイズの特徴的なポイントは、全部で4つあるので、さっそく見ていきましょう!

①寝ている間にケアできる

夜中の間は目を大きく動かすことがないので、二重ラインを接着してしっかりキープすることができます。
理想のラインを癖付けることができるということですね。
眠りについてからの3時間は、お肌のゴールデンタイムです。理想のまぶたが作りやすいんです。

 

②天然植物由来の粘着成分配合

目の周りはとても敏感で、顔の中でも特に皮膚が薄い部分です。アレルギー持ちの人や敏感肌の人でなくても、接着剤と聞くと、不安になりますよね。痒くなったり赤く腫れたりしないかという心配もあります。

ノーメイクダブルアイズは、接着剤と言っても、クインスシードエキスと呼ばれる天然植物由来の粘着成分を配合しているのが特徴です。

マイルドキープ処方でナチュラルな二重がしっかりと定着してくれます。バラ科のマルメロという植物の種子から抽出されるクインスシードエキスは、粘着力力が高い一方で、保湿力が高く、お肌にとても優しい成分です。

 

③保湿美肌成分配合

目元のお肌を守る保湿美肌成分を贅沢に配合しています。最高品質のブルガリア産ダマスクローズの精油にカモミール花エキスなどの天然由来成分、ヒアルロン酸コラーゲンまで配合されています!

植物由来の天然粘着成分がたっぷりと配合されているので乾燥知らずの目元美人になれます!デリケートな部分なのでとことんこだわっています。

 

④パパイン酵素配合

パパイン酵素とは、肌をやわらかくする作用があります。このパパイン酵素が配合されています。パパイヤの未熟な果実や葉から抽出した乳白色に含まれる酵素で、ふたえの定着をサポートしてくれるんです!

頑固な一重や、腫れぼったいタイプの一重の場合は、アイプチをしてもすぐに戻ってしまいますよね。他の二重アイテムを使ってもすぐに戻ってしまうというアナタ!このパパイン酵素がいい働きをしてくれるんです!

 

ノーメイクダブルアイズは危険??

ノーメイクダブルアイズは危険なのか、成分を見ていきましょう。

 

生命を維持するために欠かせない成分。酸素、栄養を運搬、老廃物を排出する働き。
エタノール 安価で安全な品質保持剤。肌の角質を溶かし、成分の浸透率をよくする効果。
PVP 乳化安定剤や分散剤として使用されたり、メイクアップ化粧品に粘度調節や分散剤または皮膜形成剤として使用される。
(アクリル酸アルキル/ジアセトンアクリルアミド)コポリマーAMP 接着性にすぐれ、透明で美しい皮膜を形成する成分。主にヘアケア製品やアイメイクアップ製品に用いられる。
BG 水とよく馴染む性質があり、高い保水性で肌をしっとりさせる。抗菌効果もあり防腐剤を補助する役割もある。
(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー 製剤の粘度を調整して粉体の均一に分散させたり、乳化を安定化させる働きがある成分。
クインスシードエキス 皮膚への保水作用、緩和作用、収れん作用などがある。さらに保湿効果の持続性に優れている。
加水分解コラーゲン 主な成分はタンパク質。保湿力に優れているため、肌はもちろん、頭皮や髪の毛までも潤す力がある。
グリチルリチン酸2K 保湿力と解毒作用に優れている。抗炎症作用、抗アレルギー作用もあり、肌荒れ防止の目的で使用する。
デキストリン デンプンを部分的に加水分解して得られたもの。親水性増粘剤、結合剤、吸着剤などとして使用される。
パパイン パパイヤの果実の乳汁から得られる、タンパク質分解酵素。洗浄力を高める成分。
ヒアルロン酸Na 驚異的な保水力がある。水に溶けやすく、高い保湿力を持っている上に、油分とは違うしっとりとした質感を引き出す。
カンゾウ根エキス グリチルリチンという有効成分が含まれ、皮膚炎や発疹などの肌トラブルをおさえる効果がある。
ダマスクバラ花油 香りの女王と呼ばれ、深みがあり、うっとりするような優雅な香り。保湿効果や殺菌効果などもある。
ラウロイルラクチレートNa アニオン界面活性剤。皮膚保護作用をもつ乳化安定剤としてセラミドと一緒に配合されることが多い。
カミツレ花エキス カンゾウエキスから抽出されるグリチルリチン酸やその誘導体に次ぐ抗炎症作用で、他にも保湿効果や血行促進作用などがある。
ローズマリー葉エキス 天然の保存料としても、そして肌を整える働きのあるハーブとしても非常に優秀な植物エキス。
セラミドNP 皮膚と同じ構造をしており、保湿効果やバリア機能回復効果に優れている。エモリエント成分としても優れている。
セラミドAP ピーリング作用をもったAHAと同じ作用があり、角質を柔らかくして剥がれ落ちやすくしてターンオーバーの正常化を促進する。
セラミドEOP バリア機能の強化・維持でよく知られ、皮膚の弾力性や細胞間の結合性の改善作用がある。
フィトスフィンゴシン 植物由来の皮膚に優しい成分。皮膚の角質層にあるセラミドを構成するオイルに似ていて、細胞同士をつなぎ合わせる。
コレステロール 人の組織内に広く存在している重要な生体成分。肌の表皮の細胞間脂質の中でセラミドと似たような保水の役割。
キサンタンガム 乳液や化粧水の成分として配合することで、液体の粘度を上げ、肌のしっとり感を向上させる。
カルボマー 増粘効果、品質の均一性、温度変化に対する粘度の安定性に優れており、皮膚上でサラッとした感触の良さがある。
フェノキシエタノール 玉露の揮発成分として発見された成分。緑膿菌に対して殺菌作用をもち、防腐剤、殺菌剤として使用される。
メチルパラベン 水に0.25%まで溶け、非常に広範囲の微生物に殺菌力をもっている防腐剤。毒性が低く、肌刺激や過敏症も少ない。

 

肌に安全な成分が厳選されていることが分かりました。これなら安心して使用することが出来ますね!

ノーメイクダブルアイズの副作用、妊娠中でも使える?

ノーメイクダブルアイズの副作用

ノーメイクダブルアイズを使用して、今まで副作用があったと言う声はないようです。

ごくまれに果物アレルギーの人がいるかと思いますが、今までパパイヤを食べて口や喉がかゆくなったことがある人は気を付けた方がいいかもしれません。

不安な方は、1度パッチテストを行ってから使うのがいいと思います。使いやすさを左右する筆も、アレルギーリスクの極めて低い素材が使用されています。容器も中身も100%国内生産なので、安心・安全でうれしいですよね。

万が一肌に合わなかった場合は、30日間の返金保証がしっかりとついているので安心してお試しできます。

ノーメイクダブルアイズは妊娠中でも使える?

妊娠中や授乳中の時期でも安心して使えます。しかし、妊娠中や授乳中は通常よりも肌が敏感になっている時期なので、使用前にかかりつけの医師へ相談されることをお勧めします!

ノーメイクダブルアイズを実際に使ってみた口コミはこちら↓↓

⇒ノーメイクアイズの口コミは効果なし?最安値販売店はここ

-安全

Copyright© ノーメイクダブルアイズ口コミは効果なし?販売店最安値はココ! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。